Amazonプライムの無料体験 期間や解約方法は?

スポンサーリンク

Amazonのプライム会員、プライムスチューデントには、無料体験期間というのがあります。

それぞれの無料期間から、解約方法まで、わかりやすく詳しくご紹介します。

Amazonプライムの無料体験期間

  • プライムの無料体験は30日間
  • プライムスチューデントの無料体験は6ヶ月

となっています。
学生向けのプライムスチューデントは、半年間も無料で体験できます。
その間、プライムビデオやプライムミュージックも使い放題です。優遇度がすごいんです。

プライム 30日無料体験

プライムスチューデント 6ヶ月無料体験

プライム無料体験と解約

無料体験中に解約をすれば、会費は発生しませんが、継続する場合は自動的に有料会員となって会費が発生します。

つまり、無料体験に申し込み、そのままにしておけば、会費が発生する、ということです。

もしも、無料体験で試してみて、継続したくないと判断したら、解約の手続きをしましょう。

プライムの無料体験を解約する方法

プライム会員を解約するのは簡単、WEB上で、スマホでも手続きすることができます。
プライムスチューデント会員でも手続きは同じです。

プライム会員の解約~スマホ(iphoneの場合)~

Amazonアプリを開き、画面左上の三本線のアイコンをタップ、「アカウントサービス」から進みます。

三本線のアイコンをタップ、「アカウントサービス」から進む

アカウントサービス⇒アカウント設定の「プライム会員情報の設定・変更」で画面を表示。

アカウント設定の「プライム会員情報の設定・変更」から解約にすすむ

ここで表示される画面の一番上に、「プライム会員情報の管理」という青文字部分をタップするとあなたのプライム会員情報を表示させます。

「プライム会員情報の管理」の青文字表示

ここで、「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」の青文字をタップします。

「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」のボタン

「プライム会員資格を終了する」という項目があるので、この下の「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」で解約手続きをします。

※年間会費が3,900円とありますが、2019年4月12日より価格改定となっています。

プライム会員資格を終了する

次の画面では、確認画面が出てきます。

プライム会員を解約するときの確認画面

そのまま下へスクロールし、「特典と会員資格を終了」で解約します。

「特典と会員資格を終了」で解約する

プライム会員の解約~PC、WEBでの操作方法~

Amazonの画面でアカウント&リストからアカウントサービス画面を開き、プライムの画面を表示します。

Amazonアカウントサービス画面の「プライム」から手続き

ここで、あなたのプライム会員情報が表示されます。

ここで、「会員情報を更新し、プライムをキャンセルする」をクリックすると、さらに「プライム会員資格を終了する」と出てくるので、「プライム会員資格を終了し、特典の利用を止める」からすすみます。

この後、確認画面が出るので、内容を確認のうえ、よければ「特典と会員資格を終了」で解約します。

プライムの無料体験は一度だけ

Amazonのプライム会員、プライムスチューデント会員の無料体験は、基本的に初めての一回のみとなっています。

プライム会員にならず一定の年月を経過すると、再び無料体験のお知らせがスタートすることもありますが、1年~2年といったスパンになります。

無料体験するなら、しっかりとプライムビデオなど満喫できるときを選んで試してみるのがおすすめです。

プライムの無料体験は月単位ではない

プライムの無料体験は、月単位ではなく、無料体験に登録した日から30日、もしくは6ヶ月間となっています。

例えば、4月15日からスタートしたら、そこから30日間が無料期間ということになります。

月単位ではないので、月の途中から無料体験をスタートしても損をすることはありません。あなたの都合の良い時期を選んで試してみたいところです。

プライムの無料体験、解約を忘れたらどうなるの?

プライムやプライムスチューデントの無料体験で、解約を忘れたら、自動的に有料会員となってあなたの登録してある支払い方法に会費請求されます。

基本、月額での請求になります。

ただ、特典など一切利用していなければ、会費が解約してもらえることもあります。

プライムの無料期間がいつまでか確認する方法

プライムの無料体験、いつからスタートしたか忘れてしまったという場合は、解約手続きでもご紹介したアカウントサービス画面で、いつまで無料なのか日付を確認することができます。

プライムの無料体験は途中で終わらない

プライムの無料体験中に解約手続きをしたとしても、30日間、もしくは6ヶ月間の無料体験んは終了しません。

無料期間はあくまでも利用を継続できます。

無料期間中に解約をすると、自動継続の停止扱いとなり、自動的に会費を請求されることがありません。

もちろん、継続したくなったら「継続」に変更することも可能です。

ちなみに、学生の場合は、無料体験期間中は一部の特典(オーナーズライブラリ)を利用できませんが、無料期間を飛ばして有料会員になることも可能です。

プライムの解約で返金を依頼する方法

うっかり解約を忘れていてクレジットカードからプライム会費を引き落とされてしまったという場合、Amazonへの問い合わせをすることで、会費を取り戻すことができます。

ただし、特典を利用していれば返金がない場合もあります。

さいごに

Amazonプライムの無料体験は30日間、プライムスチューデントの無料体験は6ヶ月間。

それぞれ、じっくり特典を試すことができます。
無料期間は、月単位ではなく、登録した日から数えます。

無料体験は、途中で解約も可能。途中解約した場合は、自動的に継続とはならず、会費の請求もありません。

無料体験中に解約手続きをしても、無料期間中はそのまま特典を利用できます。

プライム会員、プライムスチューデント会員の無料体験では、プライムビデオやプライムミュージック、Prime Readingも楽しむことができますので、利用する際はしっかりいろいろ試してみることをおすすめします。

思った以上のコスパの良さ、実感してみてください。